ブログ | 佐賀県鳥栖市のARCADIAは造園・エクステリアの設計・施工可能

blog

ランドスケープとは

こんにちは、景観設計のARCADIAです。突然ですがみなさんはランドスケープという単語をご存知でしょうか?

ランドスケープとは、英単語の一つで、そのまま直訳すれば「風景」であったり、「造園」と翻訳する場合もあります。

また、人によっては造園に一番近いのがランドスケープという方もいれば、そうでない方もいらっしゃいまして、人によって定義がまちまちです。

ランドスケープは、定められた空間を最適化すること、つまりどうすれば一番美しくできるかを調査を行ったうえで企画、設計をし、施工、完成後は美しい状態を維持するための管理と全てをセットで行なっていくものを指します。

ランドスケープという単語は日本ではまだ馴染みは浅いかもしれませんが、造園の施工、設計からアフターサポートまでを指す単語として、今後さらに一般単語として使われるのではないでしょうか。

合わせて、最近ではリラックス効果を期待して、オフィス内に緑を多く設置する企業さまも増加傾向にあります。

同様に、ご自宅でもポトスなどの観葉植物を自宅で育てる方も増えてきていますが、これもランドスケープと言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。今回の記事で紹介したように、これから当たり前のようにランドスケープをする個人さま、企業さまが増えていき、同時にランドスケープが当たり前のように使われる時代が間も無くやってくるでしょう。

 

お問い合わせはこちらから。